アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Myself SK
ブログ紹介
だから真っ直ぐ真っ直ぐもっと真っ直ぐ生きてぇ
恥ずかしそうにしてるお前が好きだ
だから真っ直ぐ真っ直ぐもっと真っ直ぐ生きてぇ
寂しさに涙するのはお前だけじゃねぇ
zoom RSS

新潟記念(GV)&キーンランドC(GV)レース回顧

2006/08/27 23:59
サマー2000シリーズ最終戦、新潟記念(GV)
1着 トップガンジョー 後藤
2着 サンレイジャスパー 佐藤
3着 ヴィータローザ 上村
4着 スウィフトカレント 福永
5着 ヤマニンアラバスタ 柴田善
1着のトップガンジョーエプソムC(GV)に続く重賞連勝となった。
4コーナーを13番手で回ると早々大外へ出しロングスパート。
夏の新潟開催ラス前週の馬場で勝ちタイム1分57秒2は優秀、
上がり3F33.9秒もメンバー中最速。
最後1Fはさすがに脚が上がり詰め寄られたが、
400mから200mにかけての1Fは10.6秒をマークしている。
本格化の印象だ。
次走は毎日王冠(GU)と見られるがそこが秋に向けての試金石となるだろう。
2着のサンレイジャスパー、ハンデ差を生かして2着。
ゴール前では勝ち馬以上の脚、牡馬相手によく頑張っている。
条件馬ながら挑戦したマーメイドS(GV)から
2着、4着、2着と夏の牝馬らしく重賞3戦好走が続いているが、
しかしこの馬、1000万条件から11戦連続掲示板を確保しながら
そのうち1勝と勝ちきれなさも目立つ。
その辺が今後の課題か。
3着のヴィータローザ、こちらはトップハンデながらしぶとく伸びた。
早め早めの競馬で正攻法での競馬、2着とは斤量差に泣いたが力は示した。
4着のスウィフトカレント
勝ち馬とそれ程変わらない位置取りからのこの差は瞬発力の差か。
直線では内に入れたが、馬場のいい外に出していればもっと伸びていたかも。
5着のヤマニンアラバスタも去年の覇者らしくよく走っている。
去年より斬れなかったのはやはり斤量だろう。
◎に押したオースミグラスワンだが、6着。
接触して躓いたのは痛かったけど、休み明けの分もあった印象。
あともう少し溜める競馬の方が合ってるように思う。

新設重賞キーンランドC(GV)
1着 チアフルスマイル 岩田
2着 シーイズトウショウ 池添
3着 ビーナスライン 秋山
4着 ブルーショットガン 藤岡
5着 ツルガオカハヤテ 横山
1着のチアフルスマイル、1000万条件以来の1200m戦だったが斬れた。
洋芝が合う馬ではあるが、距離が短くなって差し脚が生きた。
スプリント路線の方が合っているのかもしれない。
秋のスプリンターズS(GT)も視野に入ることでしょう。
2着のシーイズトウショウは楽勝かとも思えたが、
最後はまたもや足元を救われた。
このレースで粘れないこちらは逆に秋に向けて暗雲が立ち込めた印象。
3着ビーナスライン、今回は末脚届かなかったが、前走フロックではないことを十分証明した。
あとは追い込み一辺倒なだけに本当の一線級レベルでどうかだろう。

さて馬券は。
重賞2つ共に外れ。
そして予想を書かなかった小倉メインで当たるという失態。
画像

馬券は当たりましたが、
タケシバオーの日本レコードが破られたのは
何かちょっとばかり寂しい気分です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新潟記念(GV)&キーンランドC(GV)展望

2006/08/26 23:59
サマー2000シリーズ最終戦となる新潟記念(GV)
◎はオースミグラスワン
4ヶ月の休み明けとなるが前走同競馬場のの新潟大賞典(GV)
上がり33.9の脚で勝利。コースはベストだろう。
休み明けでの連対実績もあり、前走から2キロ増の57キロを背負うことになるが、
秋には大きなレースに挑戦できる器だと思っている。
そして今年のPOGの兄という贔屓目もあって本命に押す。
ここを勝って秋に望みたいところ。
○はヴィータローザ
前走休み明けの小倉記念(GV)を57.5キロのハンデで2着。
更に斤量0.5キロ増えた58キロで臨むが2キロ増のスウィフトカレントよりは有利だろう。
▲はそのスウィフトカレント
こちらも休み明けで小倉記念(GV)に出走し、1着。
サマー2000シリーズのボーナス獲得に休み明け2走目で渾身の仕上げのはず。
あっさりの場面があっても不思議はない。
☆はヤマニンアラバスタ
昨年の新潟記念(GV)の覇者。
昨年より3キロ増が鍵となるが、前走関屋記念(GV)から2ハロン延長は好材料。
新潟2000mはベストの条件。
他は
エイニンニーザン
サンレイジャスパー
トップガンジョー
ニシノナースコール
ソーユアフロスト
の順で。

そしてサマースプリントシリーズ、ラス前のキーンランドC(GV)
◎はシーイズトウショウ
前走函館スプリントS(GV)では最低人気馬ビーナスラインに足元を救われる形になったが、
このメンツに入れば負けて強しの内容だった。
○はダイワメンフィス
前走アイビスSD(GV)では5着と伸び切れなかったが、
準OP、OPと連勝した力は信じたいところ。
▲はブルーショットガン
札幌では芝OP過去3走、2,3,3着。勝ち切れないのは事実だが
反面この安定感は買いたい。
☆はコパノフウジン
右回りの芝短距離は安定している。
他は
ビーナスライン
ギャラントアロー
チアフルスマイル
ツルガオカハヤテ
の順で。
札幌の芝1200戦で外枠に印が偏ってるのは気になるところではあるが。。。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


実写版タッチ

2006/08/25 23:59
今日の金曜ロードショー見ました。
実写版タッチ。
うーん、何て言うか、、、ものすごくがっかりです。。。
タッチは僕の1番好きな漫画、青春のバイブルですかね。
原作の漫画で全26巻、アニメで全101話を
2時間弱で収めることに無理があると言うべきか。
色々言いたい事はあるが
その中でも納得いかないのが和也が死んだ後のシーン。
まず母取り乱しすぎ。
実際こんなことがあったらこうなんだろうけど、
この漫画では病院の廊下の長椅子で、
夫婦寄り添って座り、
呆然としている母、
灰皿の上で煙草が燃え尽きそうなのも気づかない父。
それが名場面なんだろ。
そして次のシーン。
南が霊安室に入ってきたときの達也のセリフ。
「綺麗な顔してるだろ。死んでるんだぜそれで。
たいした傷もないのに。ただちょっと打ち所が悪かっただけで。
もう動かないんだぜ。」
このセリフはフルで再現すべきだろ。
そして更に次のシーン。この2時間弱で1番納得いかなかったのがこれ。
南が橋の下で泣いているシーン。
なぜ南の隣に達也がいる?
南は橋の下で電車が通る音の中で泣き、
達也は自分の部屋でステレオの大音量の音の中で泣く。
2人が別々の場所で1人で涙を流し、
そして2人の泣き声は電車の音とステレオの音に掻き消される。
それがものすごくいいシーンなんでしょ。
他にも新田が左打ちだったり、
西村も柏葉も出てこなかったりと物申したいことは多々あるが、
原作でも前半の山場とも言える和也の死。
ここはしっかり再現してほしかった。

このタッチに限らず原作が漫画とか小説である映画は、
別物と考えて見るべきだとよく言われるが、
やっぱりポイント、ポイントの原作の名場面はそのまま残してほしいと思う。
それがこの実写版タッチにはなさすぎたように思う。
この映画の監督は南が橋の下で泣くシーンを理解していたのだろうか、
更に原作のタッチを読んだことがあるんだろうかとさえ思ってしまう。
たかが漫画かもしれないが、
それに影響を受けて少年少女時代を過ごした人はいっぱいいる。
僕にとってそれがタッチだったわけですが。
やっぱり原作ファンを大切にして映画をつくってほしかったなって思います。

ところでタッチ。
原作の漫画26巻のその後は、
達也はメジャーを目指してアメリカに渡り、
そして南はカメラマン助手になったことを知っていますか?
タッチ CROSS ROAD 風のゆくえでの話です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2


駒大苫小牧、早稲田実業の決勝戦から一夜明けて

2006/08/22 23:59
駒大苫小牧と早稲田実業、両校の選手がそれぞれ地元に凱旋したそうです。
新千歳空港には1000人を超すファンが出迎えたそうです。
3連覇にはほんのちょっとだけ届かなかったが、
胸を張って帰ってきた駒大苫小牧の選手達、
本当にお疲れさまでした。
一方早稲田実業、東京駅と高校に4000人ほどのファンが詰め掛けて、
こちらも大フィーバー。
ファンにとっても88年待ち続けた真紅の大優勝旗でした。

ここで気になるのが両エースの進路。
駒大苫小牧の田中君はプロ希望を表明しています。
12球団どこでもOKとのこと。
既に日本ハムと巨人がドラフト1位に名乗りを上げています。
俺としての希望はやっぱり地元の日ハム入りだなぁ。
札幌にやってきたヒーロー新庄が引退表明している今年に、
地元のヒーローが跡を継ぐ。
いい筋書きじゃないですか。
そして早稲田実業の斉藤君、今のところ早大進学が有力視されています。
将来的にはプロでやるのはほぼ確実ですが、
プロに行く前に大学でという気持ちが今は強いようです。
でも甲子園で4連投、しかもあれだけのピッチングをした男を
プロが放って置くわけがない。
おそらく何球団も獲得に動き出しているはずでしょう。
あの完成された投球。プロでも即戦力でしょうから。
即戦力は斉藤君、伸びしろは田中君って感じかな。
周りはこれから騒ぐでしょうが斉藤君は周りを気にせず、
しっかり考えて自分の進路を決めてほしいと思う。
まずは9月15日期限のプロ志望届けを出すのかどうかが注目されるところですが、
俺の予想としては進路に幅を持たせるために
届けは出すんじゃないかなぁと思っています。

関係ないけど巨人、斉藤君がプロ志望届け出したら
田中君から斉藤君に乗り換えそうな気がするなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


駒大苫小牧惜しかった!早稲田実業おめでとう!

2006/08/21 23:59
決勝再試合、今日もすごい試合になりました。
結果は3−4。駒大苫小牧3連覇ならず。
昨日に続き先攻が駒大苫小牧、後攻が早稲田実業。
早稲田実業の先発はエース斉藤君。
今日で4連投目となる。
駒大苫小牧の先発は残念ながらエース田中君ではなく、
昨日に続き菊地君。
1回裏、昨日とは一転すぐに試合は動いた。
制球に苦しむ菊地君を攻め、四球と内野安打が絡んで二死1,2塁。
バッターは5番船橋君。センター前に運ぶタイムリー。
ここで駒大苫小牧はエース田中君にスイッチ。
6番早実のエース斉藤君をレフとライナーに仕留め、
まずまずの立ち上がりを見せる。
しかし続く2回裏田中君も調子が上がらない。
先頭打者を四球で歩かせ、送りバントとショートゴロで二死ランナー2塁となる。
1番川西君、レフトライン際へのタイムリーツーベース。
序盤に0−2とされる。
一方駒大苫小牧打線は序盤斉藤君に完璧に押さえ込まれる。
3回まで5三振ノーヒットの完全試合。
4回にようやく初安打、5回には2本ヒットを放ち二死1,2塁とするが、
8番小林が三振。
どうも打線がつながらない。
と言うか早実の斉藤君が4連投とは思えないほどの好投。
完全に押さえ込まれる。
6回表、駒大苫小牧の待ちに待った初得点は
この回先頭打者1番三谷君のソロホームラン。
追い上げムードになるかと思ったが、
6回裏二死から四球で歩かせたランナーを、
8番白川君がレフト線へあわやホームランかというフェンス直撃ツーベースで
ホームまで返されてしまう。
7回裏にも先頭打者を死球で出してしまい、
またも送りバントでランナー2塁、そしてレフトフライの後、
4番後藤君にレフト前に運ばれ、
決定的とも思われる3点差となる4点目を奪われる。
そしてとうとう最終回の9回表。
2番三木君が意地を見せる。
ショートとレフトの間に落ちるヒット。
そして3番中沢君、夢を繋ぐ打球をバックスクリーンに運ぶ。
ツーランホームラン。
これで3−4の1点差。
逆転の駒苫らしい展開となった。
続く4番本間君、今日これまで斉藤君のスライダーに完璧に抑えられてたが
一矢報いたいところ。
しかし、斉藤君、ここからがすごかった。
146キロのストレート、最後はやはりこの球。
スライダーで空振り三振。
5番岡川君もセカンドフライでとうとう二死。
バッターは6番エース田中君。
因縁なのかと思わせる巡り合わせ。
エース斉藤君、4連投の9回二死から147キロのストレートを見せる。
田中君もツーストライクからスライダーを粘りに粘ったが、
最後は真ん中外目のストレートを空振り。
試合終了。
3連覇の夢は潰えた。

うーん、残念。
しかし今日は完全に早稲田実業が上だったと認めざるを得ない。
駒大苫小牧の得点は全てホームラン。
ホームランを除けばこの試合3塁を踏ませてもらうことはなかった。
片や早稲田実業、四死球のランナーを確実に得点に繋げた。
そしてエース斉藤君の好投。
今日は完敗。完全に負け試合でした。

早稲田実業エースの斉藤君、4連投どころか緒戦の最終回以外を1人で投げきった。
68イニングス登板は夏の甲子園史上最多らしい。
今日の投球数まで合わせると948球。
奪三振も今日の13を加え全試合で78奪三振。
すごすぎる。
感動したのが監督のインタビュー。
優勝に対し「88年間待ちに待ち続けてました。」、
斉藤君を始め選手たちの快進撃に対し
「最後は私は何もしてあげることができず、1番の応援団でしかなかった。」と。
優勝監督にふさわしい、いい監督だなと思いました。
そしてこんないい監督だからいい選手が育ったんだと思います。
早稲田実業の選手の皆さん、部員の皆さん、関係者の皆さん、ファンの皆さん、
そして王監督!
優勝、本当におめでとうございます!

そしてそして駒大苫小牧、本当にここまでよくやったよ。
夢は73年ぶりの3連覇だったが、
2連覇後の決勝進出でも73年振り、
そして3年連続決勝戦まで駒を進めた高校も
88年の歴史の夏の甲子園で2校しかなく、駒大苫小牧が3校目。
しかも色々あって、春の辞退あり、ブランクもあり、
チームがバラバラになりかけたこともあっただろう中、残した成績。
何も誰にも恥じることない素晴らしい成績です。
胸を張って準優勝盾を北海道へ持って帰ってください!
駒大苫小牧の選手の皆さん、部員の皆さん、関係者の皆さん、ファンの皆さん、
そして私の故郷でもある北海道の皆さん!
準優勝、本当におめでとうございます!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3


駒大苫小牧決勝&札幌記念(GU)レース回顧

2006/08/20 23:59
すごい試合でした。
結果は延長15回1−1の引き分け。
37年振りの決勝再試合となりました。
駒大苫小牧は今大会初めての先攻め。
1回表、先頭打者三谷君がライト前ヒット。
しかしその後7回まで早実先発のエース斉藤君の四死球と野手のエラーで
何度かチャンスを作るものの1安打のみに抑えられる。
一方駒大苫小牧の先発はまた田中君ではなく菊地君。
3回裏に2つの内野安打で一死1,2塁となったところで、
エース田中君の登板、連続三振と上々の立ち上がりを見せる。
6回裏にもレフと前ヒットと送りバントの空タッチで無死1,2塁、
更に送りバントで一死2,3塁のピンチとなるが、
その後三振とセカンドゴロでピンチを切り抜ける。
7回を終わって0−0、息詰まる投手戦。
試合が動いたのは8回表。
一死ランナー無しで2番の三木君。
駒大苫小牧のこの日2本目のヒットは
バックスクリーンに飛び込むソロホームラン。
札幌競馬場も沸きました。
試合を決めるかと思われたホームランだったが直後の8回裏、
一死ランナー無しから、3番桧垣君が左中間を破るツーベース、
中継も乱れ3塁まで進塁される。
そして4番後藤君がセンターへ大きな犠飛。
ランナーがタッチアップで返り、1−1の同点となる。
9回も試合は動かず、とうとう延長戦に突入。
11回表、センター前ヒットとデッドボールで出たランナーを犠打で送り一死1,2塁、
バッターは6番田中君、ここで早実エースの斉藤君は敬遠策をとる。
一死満塁、7番岡川君、スクイズを仕掛けるが、
ワンバウンドするスライダーを空振り。
3塁走者を刺されてしまう。
スクイズ失敗のレフト前ヒットを放っているのでもったいなかった。
二死で再び満塁となったが8番山口君がライトフライに倒れ三者残塁となる。
一転ピンチとなったのは13回裏、
二死2塁から田中君のワイルドピッチでランナー3塁へ。
ここで田中君、3番桧垣君と4番後藤君を歩かせ満塁策に。
こうなるとファーボールが怖くなるのだが、
二死満塁となった初球、5番船橋君が引っ掛け気味にセカンドゴロ、
セカンドフォースアウトでピンチを切り抜ける。
15回表早実のエース斉藤君は二死から4番本間君に
この日最速の147キロを記録。
結果的に今日178級を投げ、
1回戦から数えると830球を投げている斉藤君、
延長15回にしてこの日最速を記録するのはすごいの一言。
最後はフォークで三振に取り、この日の負けをなくした。
一方駒大苫小牧エースの田中君も二死からファーボールこそ出したが、
4人目をしっかり打ち取り、
延長15回を戦い終え1−1の同点、
決勝戦では37年振りとなる再試合となりました。
本当に歴史に残る一戦。
3連覇への夢と夏初制覇への意地。
おそらく明日8/21(月)、決着がつくことになると思うが、
両校とも精一杯のプレーをしてほしいです。
早実の斉藤君、既に830球を投げている上、
4連投となり、体力的にも辛くなるし腕もそうとう疲労が溜まっているだろが、
「もう1日高校野球をやれるのが嬉しい」と言った言葉通り、
今日も1日フルで投げきり、是非とも完投してもらいたいと思います。
そして駒大苫小牧の幸田監督、再試合では小細工などせず、田中君の先発。
ファンも2人の投げ合いを望んでいるし、
何よりも田中君と斉藤君が望んでいます。
2人の投げ合いで始まり、2人の投げ合いで終わる
球史に残る試合になればいいなと思っています。

話は変わって札幌記念(GU)
結果は
1着 アドマイヤムーン 武豊
2着 レクレドール 柴山
3着 マチカネキララ 横山
4着 マヤノライジン 四位
5着 エリモハリアー 安藤
1着アドマイヤムーン、2000mではやっぱり強かった。
後方待機、4角では手応えこそよかったが届かないかなぁと思わせるような位置。
しかし大外から一気に伸びた。
上がり33秒5はメンバー中最速。
思い出せばアドマイヤムーンも札幌は去夏クローバー賞札幌2歳S(GV)を連勝した地。
この馬も札幌得意だった。
秋は短期放牧後、天皇賞(GT)に向かう。
古馬を一蹴したことで有力候補になった。
2着レクレドール、この馬も札幌巧者。
去年のクイーンS(GV)の覇者、そして今年はクイーンS(GV)からの連闘だったが、よく走っている。
一瞬勝ったかと思わせるほどだった。
3着マチカネキララはやはり詰めの甘い印象。
前々での競馬だったがイメージほど斬れる脚は持ってないように思う。
次走はロングスパート気味で乗ってほしい。
本命に押したエリモハリアーは5着。
洋芝得意と押したのだが函館のような重い馬場が合っているのか、
札幌の軽い馬場では勝負どころで置いて行かれ気味だった。
直線もじわじわ伸びているが一瞬の脚がない分厳しかった。

明日8/21(月)駒大苫小牧VS早稲田実業の決勝戦再試合をテレビ観戦した後、
有休を前後につけた11連休も終わり、東京に戻ります。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


駒大苫小牧決勝進出!&札幌記念(GU)展望

2006/08/19 23:59
とうとう来ました!73年振りの3連覇まであと1つ!
今日は札幌競馬場でラジオ観戦でしたので、
スポーツニュース程度でしかあまり試合は見てないのですが。
さっき熱闘甲子園を見ました。
今日もエース田中君の温存策。
1回表から先発菊地君が乱れ、1点を失ったところ岡田君にスイッチ。
しかしその裏の4点は大きかった。
4番本間君、勝ち進むごとに調子を上げてきましたね。
2回表に1点差まで追い上げられたところで、
エース田中君の登板。
その後ビシッと抑えてくれました。
3回裏、4回表に1点ずつ加えて4回を終わって5−4。
そして5回裏、一死1,2塁からバッター田中君の2点タイムリー。
これで試合を決定付けました。
最終回も3人で斬って、試合終了。
決勝進出です。
73年振りの3連覇までいよいよあと1つ!
頑張って欲しいです。

話は変わって明日は札幌記念(GU)です。
地元で1番大きいレースなのでがっちり取りたいところ。
◎はエリモハリアー
北海道の洋芝はめっぽう走ります。
○はアドマイヤムーン
ダービーこそ凡走はしたが2000m以下では買い。
▲はファストタテヤマ
ちょっと距離は足りない気はするが、前走の勝ち方はよかった。
マチカネキララ
2000m戦6戦5勝。あっさり勝っても不思議はないが、脚余しそうな場面も思い浮かぶ。
シルクフェイマス
タガノデンジャラス
セフティーエンペラ
あとマヤノライジンまで抑えたほうがいいかなと迷い中。

明日の決勝戦も札幌競馬場でラジオ観戦になります。
今日の札幌競馬場、駒大苫小牧が勝った瞬間に、
ラジオを聴いていた人から拍手が沸き起こりました。
そしてターフビジョンにスコアが出ると、再び沸き起こる拍手。
あの光景を明日もう一度見たいです。
73年振りのV3に向けてガンバレ!駒大苫小牧!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


駒大苫小牧ベスト4進出

2006/08/17 23:59
今回もドキドキヒヤヒヤさせられました。
準々決勝も逆転勝ち。ベスト4進出です。
今日はエース田中君の先発。
今日もいまいちピリッとしない立ち上がり。
1回に2ランホームランで2失点、
4回には駒大苫小牧としては今大会初めてのエラーも絡み2失点。
一方駒大苫小牧打線はは5回まで1安打に抑えられ、
0−4の苦しい展開。
迎えた6回裏、反撃開始。
1死1塁から今日2安打目となる三谷君のヒットに始まる4連打。
4点を奪い同点まで追い上げた。
そして7回。
この回の先頭打者山口君が四球を選ぶと
そのランナーを犠打、遊ゴロで3塁まで運ぶ。
2死3塁でバッターは今日2安打の三谷君。
振り遅れた打球はファーストへのボテボテのゴロだったが、
ベースカバーに入るピッチャーとの競走を頭から飛び込み、
1塁ベースを勝ち取る。逆転打とした。
8回表1死1,2塁からのピンチも死球で2死満塁となるが、
次のバッターをセカンドゴロに打ち取りしのぎ切った。
結局6回裏の逆転打が決勝打となり、
5−4での逆転勝利。
ピッチャー田中君のピリッとしないと言いながらも11三振の好投でした。
駒大苫小牧の連勝も47試合となり、更に甲子園での連勝は13連勝。
しかも13連勝のうち7試合が逆転勝ちだそうです。
2連覇後のベスト4も73年振り。
前に話題にした通り73年前の中京商は3連覇を成し遂げています。
ここまできたら3連覇。
あと2つ。
準決勝はVS智弁和歌山。
もう頂上も見えてきました。
目指すはテッペン。
73年振りの快挙。
見てみたいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


駒大苫小牧ベスト8進出!

2006/08/15 23:59
またまた久しぶりになりましたが、
今日は興奮したので実家より更新します。
甲子園、駒大苫小牧VS青森山田、
朝8時半からテレビにかじりついて見ましたよ。
3回戦(駒苫としては2試合目)の中4日の試合にして、
エース田中君温存というビックリ展開でスタート。
先発となった岡田君、初回こそ3人で斬るが2回に早々と捕まり、
先制タイムリーを浴び、その後スリーランHRも打たれ4点を失いマウンドを降りる。
代わった菊地君はその回抑え、駒苫もその裏1点を返すが、
3回今度は菊地君も捕まり、1点を失ったところで、エース田中君の登場。
田中君もラッキーヒットで1点を失う。
4回表更に1失点。1−7の6点差となった。
この時はもうだめかなぁと思ってみていたが。
しかし4回裏1点を返し、6回から反撃開始。
6回終了で3点差、7回終了で2点差と徐々に詰める。
8回表1点を失い3点差となった裏、
1死ランナー1、2塁、バッターは地方大会からヒットがなかったらしい山口。
最高の場面で最高の初ヒットを打ってくれた!
左中間を破るツーベースヒット!ランナー2人が帰り1点差。
そして続く小林君。センターオーバーのツーベース!
これでとうとう同点。下位打線が見せてくれましたよ。
しかししかしこれじゃ終わらない。
最終回表、先頭打者をレフト線ギリギリのツーベースで出すと、
2死1,3塁からライト前タイムリーで勝ち越しを許す。
そして迎えた9回裏、ドラマは待っていました。
1死ランナーなしで今日4打数3安打の3番中沢君。
内角低目をすくい上げる。ライトスタンドへ一直線!!!
同点ホームラン!!!!!
4番本間が倒れた後、ツーアウトから5番田中君がライト前に。
そして!!!!!6番三谷君!!!!!
センターオーバー!!!!!
田中君走る走る走る、一気にホームへ!
センターからの返球が中継を通って返って来る。
クロスプレー!
タイミングはアウトだが?どうだ?
と思った瞬間キャッチャーミットからボールがこぼれるのが見えた。
ホームイン!!!サヨナラ!!!!!
劇的なサヨナラ勝ちです!
興奮しました。
すごいいい試合でした。
一歩間違えれば采配ミスと言われて当然だったが選手がそれを救った。
見てる方としてはハラハラドキドキし、一時は諦めも入った試合展開だったが、
選手が落ち着いていて、諦めずに粘りに粘った結果だと思う。
チーム一丸の全員野球で勝ち取った勝利。
そのチームワークで次の試合も頑張ってほしい。
目指せ3連覇!
そして青森山田の選手、ベンチ、スタンド、他関係する皆さん、
いい試合は1チームでできるものではなく
相手があってお互い勝利を目指して全力でプレーするから生まれるものだと思います。
この試合1人で投げきった野田君を始めとする選手の全力プレー素晴らしかったです。
今大会、何試合かテレビで観戦していますし、熱闘甲子園等のニュースも見ていますが、
私の中では間違いなく駒大苫小牧VS青森山田が
今までの試合の中でベストゲームです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(GT)レース回顧

2006/07/29 23:59
いやー、もう少しでしたね、ハーツクライ
惜しかった!!
一時先頭に出たときは突き抜けるかと思ったんですが。
うーん、世界の壁は厚かった。
レースはエレクトロキューショニストのペースメーカー、 
チェリーミックスが引っ張る流れ。
ペースメーカーが引っ張ってるだけあってそれほど遅くはないように感じた。
道中ハーツクライは2番手のハリケーンランを見ながら3番手を追走。
その直後にエレクトロキューショニストの展開。
4コーナー過ぎ直線の入り口で
チェリーミックスとハリケーンランの外を捲くっていった
エレクトロキューショニストが早々先頭に出た。
ハリケーンランに蓋をしたデットーリの乗り方はさすが。
ここでハリケーンランは出るところがなくなり終戦。(のはずだった。)
直線半ば更に外をハーツクライが仕掛け、先頭に出る。
このまま一気に突き抜けるかと思ったのだが。。。
エレクトロキューショニストが外目に出しハーツクライに馬体を合わせてしぶとく盛り返してくる。
この2頭の叩き合いが続くのかと思いきや。
エレクトロキューショニストが外目に出した分開いた内を。
ハリケーンランが猛然と突き抜ける。
間に入ったエレクトロキューショニストももう一伸び。
そこがゴールでした。
結果は
1着ハリケーンラン
2着エレクトロキューショニスト
3着ハーツクライ
うーん、惜しかった。何度も言うが惜しかった。
結果的にはちょっと早仕掛けだったのかな。
アスコットの馬場はやっぱりタフで、最後の踏ん張りがきかなかったね。
でも十分すぎるほど夢は見れた。
本当はこれだけやれれば凱旋門賞にも行ってもらって
ロンシャンのターフをディープインパクトと一緒に走る姿を見たいのだが、
今後は帰国してジャパンC(GT)、有馬記念(GT)とのことです。
なのでロンシャンの夢はディープインパクトに託すことにしましょう。
そしてディープインパクトも帰国後はジャパンC(GT)、有馬記念(GT)らしいので、
去年の有馬記念(GT)以来の日本での再戦、
そしてジャパンC(GT)にはできればハリケーンラン、エレクトロキューショニストの2頭、
少なくともどちらか一方には出てもらって外国馬との日本での再戦も期待したいところです。
ハーツクライ。お疲れさまでした。
今度は日本での勇姿を期待しています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハーツクライ

2006/07/28 23:59
ハーツクライが出走するキングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(GT)まで
あと48時間ほどになりました。
ハーツクライも順調とのこと。
ライバルはハリケーンランとエレクトロキューショニスト。
ハリケーンランは去年のアイルランドダービー(GT)、
そして凱旋門賞を制している世界NO.1の馬。
しかし前走サンクール大賞(GT)でプライドを差し切れず2度目の敗戦を喫し、
10戦8勝でキングジョージを迎える。
更に主戦のファロン騎手は八百長疑惑で今回は乗れず。
スミヨン騎手に乗り替り。
とは言っても主戦がファロンになる前はスミヨンのお手馬だったのだが。
一方エレクトロキューショニストは今年のドバイWC(GT)を制した馬。
しかし前走プリンスオブウェールズS(GT)ではウィジャボードに先着を許している。
その辺を考えるとハーツクライも全くこの2頭に見劣りしない。
エレクトロキューショニストが負けたウィジャボードには
ジャパンC(GT)、前走ドバイシーマC(GT)で先着している。
そして前走を勝ってるのはこの3頭でハーツクライだけだ。
付け入る隙は十分あるだろう。
頑張っていいレースをして欲しいところです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


POG2006−2007

2006/07/26 23:59
遅くなりましたが今期のPOG馬を紹介しておきます。
今期は内輪のPOG2つと雑誌サラブレのPOGに参加しています。

内輪1
@エアシャムス 牡 父ダンスインザダーク 母エアデジャヴー 美浦 伊藤正徳
Aヴィクトリー 牡 父ブライアンズタイム 母グレースアドマイヤ 栗東 音無秀孝
Bダイワスカーレット 牝 父アグネスタキオン 母スカーレットブーケ 栗東 松田国英
Cジャングルバード 牝 父ジャングルポケット 母マンファス 栗東 松田国英
Dフサイチホウオー 牡 父ジャングルポケット 母アドマイヤサンデー 栗東 松田国英
Eアンブロジンの2004 牝 父ブライアンズタイム 母アンブロジン
Fニシノマナムスメ 牝 父アグネスタキオン 母ニシノフラワー 栗東 河内洋
Gオースミオーカン 牡 父フサイチコンコルド 母ホッコーオウカ 栗東 安藤正敏
Hジャンバルジャン 牡 父ジャングルポケット 母ネオクラシック 美浦 萩原清
Iシュガーヴァイン 牝 父アグネスタキオン 母ビハインドザマスク 栗東 河内洋

内輪2
@エアシャムス 牡 父ダンスインザダーク 母エアデジャヴー 美浦 伊藤正徳
Aヴィクトリー 牡 父ブライアンズタイム 母グレースアドマイヤ 栗東 音無秀孝
Bジャンバルジャン 牡 父ジャングルポケット 母ネオクラシック 美浦 萩原清
Cオースミオーカン 牡 父フサイチコンコルド 母ホッコーオウカ 栗東 安藤正敏
Dクランエンブレム 牡 父ウォーエンブレム 母アズサユミ 美浦 手塚貴久
Eダイワスカーレット 牝 父アグネスタキオン 母スカーレットブーケ 栗東 松田国英
Fジャングルバード 牝 父ジャングルポケット 母マンファス 栗東 松田国英
Gアンブロジンの2004 牝 父ブライアンズタイム 母アンブロジン
Hメジロアダーラ 牝 父フレンチデピュティ 母メジロダーリング 美浦 大久保洋吉
Iローズオットー 牝 父ダンスインザダーク 母エリザベスローズ 美浦 萩原清

サラブレ
@エアシャムス 牡 父ダンスインザダーク 母エアデジャヴー 美浦 伊藤正徳
Aヴィクトリー 牡 父ブライアンズタイム 母グレースアドマイヤ 栗東 音無秀孝
Bダイワスカーレット 牝 父アグネスタキオン 母スカーレットブーケ 栗東 松田国英
Cジャングルバード 牝 父ジャングルポケット 母マンファス 栗東 松田国英
Dオースミオーカン 牡 父フサイチコンコルド 母ホッコーオウカ 栗東 安藤正敏

基本的には内輪1のドラフト結果になるべくダブるように指名してます。
既に3頭がデビュー。
オースミオーカン新馬戦3着
メジロアダーラ新馬戦1着
ローズオットー新馬戦5着
1勝で3頭とも掲示板確保。まあまあの成績かな。
オースミオーカンは次走8/6(日)の小倉1200m未勝利戦を予定。
参加しているPOG3つとも指名してる馬だし、勝ち上がってほしいな。
勝ち上がったメジロアダーラはダリア賞から新潟2歳S(GV)を予定。
距離が伸びてどうなのか楽しみです。
更にジャングルバードがちょうど帰省中の8/20(日)札幌記念の日に1800m新馬戦でデビュー予定。
ぜひ目の前で勝ってほしいな。
今期も1年間楽しめそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


駒大苫小牧甲子園出場決定

2006/07/25 23:17
駒大苫小牧が南北海道大会4連覇を決め甲子園出場の切符を手に入れた。
公式戦44連勝。あの横浜高校時代の松坂に並びました。
今は東京に住んでいて、それに仕事中ですし、
試合は見ていないんですが。
北海道出身の私としては、
北海道がこういうニュースで全国ニュースになるのは嬉しい限り。
甲子園で連勝記録を伸ばしてほしい。
去年の2連覇が57年ぶり6校目。
清原桑田のKK時代のPLでもできなかった。
そして夢は3連覇。
3連覇なら73年ぶり2校目らしいです
一昔前までは北海道の高校が甲子園で連覇どころか優勝すら考えられなかったもんな。
それに北海以外が出て勝てる気はしなかったよ。
それが2連覇。一昨年と去年の夏は北海道民には熱かった。
その後色々あり、春の選抜辞退なんてこともありましたが。
まぁ、それは現役部員の不祥事ではない。
部長と卒業生の不祥事。
それにこう言うのはいけない事かもしれませんが、
学生時代、特に部活をしてたら先生に殴られることぐらい何回か経験した人もいるでしょ?
私はありますよ。何回か。結構いい思い出です。
何かしらの理由があって、どの程度の力で殴ればどうなるのか。
そこまで考えての体罰は私は悪いとは思っていません。
そう思えるのも私が食らった何発かはそこまで思われた体罰だったんでしょうね。
賛否両論の話ではありますが、
未成年の学生が親以外の大人と1番長く接するのは学校の先生なんですよね。
寝てる時間を除けばもじかしたら親以上の付き合いがあるわけです。
全寮制のぶかつであれば本当に親代わり。
親が子供を殴るのと同じだと私は思います。
更に卒業して(卒業前も?)未成年のうちに酒を飲むこともよくある話です。
これも私はありました。またまたいい思い出です。
まぁこの2つの不祥事、
駒大苫小牧がどういう過程でどうなったのかは私が知ってるわけではありませんが。
でも今回の3連覇のチャンスは誰に恥じることもない自分達の力で勝ち取ったもの。
甲子園でも力を出し切ってほしい。
駒大苫小牧の野球部全員へ。
応援してるよ。力を出し切って甲子園の舞台を楽しんで来てください。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


球児VS清原

2006/07/24 23:59
昨日のオールスター第2戦の話題ですが。
いい勝負を見させてもらいました。
遡ること1年と3ヶ月前のチン○コ発言からの遺恨?対決。
オール150キロ越えストレート勝負。
最後は真ん中高めのホームランボールを空振りし、三振。
清原も納得でしょう。
三振に斬った後の球児の最敬礼もよかった。
最敬礼に感動したのは
去年の競馬天皇賞(秋)ミッキーの天皇陛下に対する最敬礼以来だ。
その後のクルーンはさらに速い。
2球160キロを記録。
後半戦もクルーンのスピードガンには期待だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


復帰

2006/07/23 23:43
久々の更新です。
しばらく書くのをやめてましたが、
実はハードディスクを飛ばしてしまい、
そのショックから立ち直れずしばらく更新をやめていました(笑)。
そのハードディスクですが、復旧をかけようと思い、
無料見積もりに出したのですが、
見積り額27万円。
さすがに手が出せません。
そんなわけでやっと吹っ切れてきました。
うーん、吹っ切れたというか諦めたと言うか。
でも何だかんだ言っていまだに諦めつかないのがデジカメ画像とメール。
これ以外はもう諦めついたのですが、これだけはまだ正直引きずってます。
まぁ、でも今手を出せる金額ではないので
競馬で臨時収入があった時にまた考えるとして、
気持ちに一区切りつけました。
そんなわけで、ここもまた時間のある時に書いていこうと思います。
余裕があれば過去のも埋めていきたいのですが、
それは間が結構あるし厳しいかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


実家の飼い猫を紹介

2006/05/05 23:59
実家の飼い猫です。
画像

名前はにゃにゃ子。女の子です。
名付け親はうちの親父。センスねぇ〜。
実はこのにゃにゃ子、もともとノラ猫でした。
話はさかのぼる事約1年前。去年の雪解けごろでしょうか。
ノラ猫が何匹か実家の周りをうろつくようになりました。
そのノラ猫達に餌をあげてましたが、
その中の黒猫1匹が特になつき、半飼い猫状態となりました。
とりあえず初代ノラ猫と名付けましょう。
私とこの初代との初対面は去年のGWだったと思います。
よく家の玄関で寝てましたね。
GWが過ぎ私が東京で過ごしていた頃悲しい事件が起きました。
この初代、交通事故に遭ってしまい、お亡くなりになってしまいましたのです。
うちの母、相当悲しんでましたね。
交通事故に遭う前の日にジンギスカンの肉を1枚焼いて食べさせたそうですが、
「2枚焼いてあげればよかった。。。」と。
そんな寂しさの中で1ヶ月ほど過ごしたある日、
我が家に救世主が現れたのです。
家の前をうろつく1匹の子猫。
本当に生まれて間もないぐらいの子猫でした。
我が家では交通事故に遭った猫の子供だと勝手に血縁関係を作ってしまい、
また半飼い猫状態で育ててました。
これが2代目、後のにゃにゃ子となる猫です。
去年のお盆の頃(写真の日付1ヶ月ずれてますが)、
まだ外と家の玄関、家に入ってきても部屋の入り口ぐらいまで生活していた頃です。
画像

こうやって写真を見るとずいぶん大きくなりましたね。
ではいつから飼い猫へと昇格したかといいますと、
お盆も過ぎて2005年9月28日事件が起きました。
札幌市から苦情が来た。。。
餌をあげてるから庭を荒らされて困ってると匿名の通報があったんだと。
札幌市の職員が直々にお伺いしてきましたよ。
今まで我が家は善良な市民だと思っていたので正直ヘコみました。
市の職員が言うには「飼うつもりがないなら餌をあげないでください」との事。
それから我が家は家族会議。
そんなわけで我が家は飼う覚悟を固め、
次の日2005年9月29日、家に閉じ込め作戦決行、
それがノラ猫飼い猫化計画の始まり、同時ににゃにゃ子誕生の日でした。
最初はサイドボードの下とか2階に引き篭もったりだとか、
かわいそうなぐらい鳴いて鳴いてだったりだとか、
抱くことはおろか、触ることすら儘ならない状態で、
家の中に放し飼い状態、
病院に連れて行くこともできず大変でしたが、
約1ヵ月後に捕獲成功、病院に連れて行くこともでき、
その頃からだいぶ家の中も慣れてきたみたいです。
それから少しして避妊の手術もし、にゃにゃ子も立派な家猫となったのでした。
そんなにゃにゃ子、最初苦労はしましたがそれでもトイレは
避妊する前の発情期に1回失敗しただけなんですよね。
獣医さん曰く結構利口な子らしいです。
今年の正月の頃の写真。
画像

この頃には家族にはもうほんとすっかり慣れちゃってましたね。
未だに知らない人が来るとおどおどしたり、
窓の外を見ててカラスと目が合うと隠れたりと臆病な面もありますが。
でもこれが家では結構おてんば娘。
新聞と紐が大好きみたいで、
新聞の下に何か隠すしたり紐をぶらぶらさせてると突っ込んできたりします。
壁もがりがりして、我が家傷だらけになってしまいました。
でも何打かんだ言ってかわいいんだなぁ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


札幌の街中をぶらぶらと&友達帰京

2006/05/04 23:59
今日はとりあえず9時ごろ起床。
一応泊まってる友達より遅く起きるわけにいかないので。
結局友達が起きたのは12時過ぎでした。
友達が帰る飛行機は20時過ぎ。
となるとあまりやることに選択肢はない。
とりあえず地下鉄で大通公園へ。
焼きとうきびを食べる。
俺も久しぶりだ。2年ぶりぐらい???
そして、テレビ塔に登った。
札幌で生まれて大学院卒業するまでの25年間北海道で育ってきたけど、
テレビ等登ったのは初めてだ。
実家はテレビ塔までチャリンコで10分。
近すぎると見ることはあってもその場まで行かないもんだね。
展望台まで700円。意外と高くね?
でも結構眺めいいね。
画像

テレビ塔のマスコットが「テレビ父さん」だということも初めて知りました。
まぁ初体験よかったかな。でもよく考えたらJRタワーに登ればよかったような。。。
札幌の眺めを堪能てからは北海道大学の近くのラーメン屋により、その後北海道大学を散歩。
実はその2人の友達のうちの1人の出身大学。地元は道外ですけど。
そして俺が落ちた大学(爆)。
新渡戸稲造とクラークに会ってきました。
その後はまぁダラダラでした。
札幌駅の喫茶店で少し時間を潰し18時過ぎにちょっと早めですが、
札幌駅で友達と別れ、友達は新千歳空港へ向かいました。
お2人さん、札幌まで来てくれてありがと。
行きたい店が休みだったり、移転してたり、
至らない部分は多々あったけど、俺としては楽しかった。
うちにはいつでも泊まれるからまた来てね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北の国からin富良野

2006/05/03 23:59
今日はうちに泊まってる友達2人と富良野に行くことになりました。
10時半ごろ出発。
GW中しかも今日は祝日ということで、道が混んでることも覚悟していたが、
意外と混んでなかった。
順調に三笠を越え、桂沢湖を抜けて13時には富良野市街に入りました。
そのまま麓郷の森へ。
北の国からの世界を堪能してきましたよ。
                    ↓2番目の家
画像

                    ↓3番目の家
画像

                    ↓石の家(5番目の家)
画像

                    ↓拾ってきた家
画像

画像

画像

画像

                    ↓中畑木材工業株式会社
画像

シュウ(宮沢りえ)が過去の告白をした北時計が定休日だったことは残念でしたが、
最後はこれも北の国からによく登場するくまげらで和牛サシミ丼を食べて、
帰りは1度札幌を通り越し小樽まで行き、少し時間を潰した後、札幌に戻ってきました。
札幌に戻ってきた後は実家近くの寿司屋へ。
これも友達は喜んでくれたので個人的に満足です。
その後は例のようにすすきのへ。
またオークラビル。
個人的にはLionに連れて行きたかったんだけど、お休みだった。。。
そんなわけで入った店がSEDONA。
とある女の子1名の爆笑天然マシンガントークにはまってしまい、
気づいたら閉店の2時。
こんな長居するつもりなかったんだけど。。。
次入る店を探すも祝日でほとんどが3時ぐらいまで。
仕方なく断念して帰りました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


友達2人到着

2006/05/02 23:59
友達2人を迎えに新千歳空港へ、、、行く予定でしたが、、、
昨日飲んだ友達の寝坊により断念。
話によると朝方まで飲んでたらしい。おいおい。。。
仕方ないのでエアポートで札幌駅まで出てきてもらうようにメール。
そして到着予定時間に電話。
あれ?10分、20分、30分全然繋がらない。
結局50分ぐらいの遅れ。
スカイマークさんだったのでビミョウに心配しましたよ。
搭乗するまでに結構遅れて、
更に搭乗してからも飛ぶまで結構待たされたらしい。
羽田空港は新参者に厳しいからなぁ。
AIR DOも最初の頃は飛ぶ順番後回しにされたり、
ボーディングブリッジに付けてくれずバスだったりしたもんね。
札幌駅には11時過ぎに到着とのことだったので、
俺の方も合わせて地下鉄で札幌駅へ。
11時過ぎ。無事合流。
寝坊した友達も車で到着。
友達の車でまずは昼飯へ。今日の昼飯はスープカレー。
村上カレー店・PULU2に行くことにした。
久々にスープカレー食べました。
私もともとスープカレーってそれほどおいしいものだと思わないんですが。。。
今回もそんな感じでした。。。
まずいってわけじゃないですよ。
でもスープカレー自体があんまりおいしいと思わないんですかね。
昼飯の後は札幌市内で友達のうちの1人のちょっとした用事に付き合う。
その後は一路定山渓へ。
やっぱり旅と言えば温泉でしょうってことで定山渓ホテルに日帰り入浴。
まっ、私は旅行関係ないわけですが。
着いた時間がちょうど男女の浴場の入れ替え時間よりちょっと前で、
両方に入ることができました。片方の風呂むっちゃでかかった。
結構お勧めかも。
風呂も入ったところで札幌に戻り、
キリンビール園へ。今日の夜はジンギスカンパーティーです。
ここのスパースクラフトって結構雰囲気好きなんだよな。
100分食べ飲み放題。
友達も喜んでくれたみたいだしよかったです。
そしてお腹もいっぱいのところで今日も行きます。すすきのへ。
今日はまずオークラビル摩利支天へ。
私オークラビルよく使います。私の中では勝手にレベルが高いと思っている。
そんなわけで今日ついた女の子もかわいかったです。
2時間で出たあとは昨日満席で断念したG−7へ。
今日は空いてました。そしていました、さ○ちゃん。
あいかわらずかわいかったぞ。
ここにも多分2時間ほど。記憶もあやふやになったところで
ラーメンを食べて今日はお開き。
旅人の2人を連れて家に帰りました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


友達来札の打ち合わせ

2006/05/01 23:59
5/2から5/4まで東京にいる会社の同期2人が遊びに来る。
帰省2日目に飲んだ友達とも、もともと同期。
そこでその友達と計画を立てるため、飲みにすすきのへ。
とりあえず居酒屋で打ち合わせ。
その友達は5/3から旅行らしく明日しか付き合えないらしい。
最初に決まるのはやはり食事と夜の予定。
夕食は1日目ビール園、2日目寿司、
昼食はラーメンとスープカレー、飲みはすすきの。
ここまではすんなり決まる。
困るのは昼何するかだよなぁ。
まぁその辺は東京から来る友達の意見を聞きながら
なるべくそれに添えるようにだろうね。
他決まったことは、明日新千歳空港まで迎えに行くことと、
その友達を俺の実家に泊めること。
あとはちょっとした遠出プランを何箇所かしぼって打ち合わせは終了。
打ち合わせが終わったらあとは飲むだけ。
ってことで店移動。
今日はサイバーシティービルへ。
サイバーシティービル変わったねぇ。
俺が大学院とか就職1,2年目の頃はニュークラ、パブが多かったような気がするけど、
今はパブはパブでもメンパブが多いのかな。
そんな中で目に付いたCLUB RITZへ。
ビルの雰囲気が変わってしまったのは寂しい気はしたけど、
女の子がかわいかったのでよしとしよう。
かわいかったけど予算の関係で1時間で出て、
またまたG4ビルへ。
さ○ちゃんに会いにG−7に行ったけど満席で入れず。
そんなわけで、今日はここでお開き。
明日友達が9時半前には千歳に着くし、
迎えに行くとなるとこっちも朝早いしね。
0時過ぎ友達と別れて、山岡屋でラーメン食べて帰りました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Myself SK/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる